関西焼き 完全読本

 お好み焼きをより深く知ることで、「美味しい!」と言ってくれることは何ものにも代えがたい喜びである。私がこの書を手にした目的はそんなところであるが、一言でお好み焼きと言っても多種多様であり、やはり一言では言い表せないものだとこの本を読んで感じた。お好み焼きの基本を知りたい!と考えてる方々におすすめの一冊である。私もお好み焼きの作り方に工夫を重ねてきた一人であるが、確かに味が変わったと言われたのは嬉しいものである。

 著者は本書の中で本場大阪のお好み焼きを「関西焼き」と表現しているので、内容のご紹介の際にはそのまま関西焼きと表現することにします。

さて、本書の内容を紹介していこう!

この本は基本的に三部構成である。

1⃣お好み焼きの基本を身につける

 キャベツの切り方や生地の作り方、そして焼き方の基本要素を記載している。山芋を入れる目的やソースの種類、鉄板のお手入れ方法も紹介されている。アレンジメニューとしてイタリアンやネギ焼きなど7種のレシピが紹介されており、誰もが「作ってみたい」という欲望に駆られるだろう。お好み焼き以外にも焼きそば/焼うどんのレシピが8種、鉄板焼きの定番メニューとして11種のレシピが紹介されているのも嬉しい。

2⃣関西焼きを深く知る

 テレビやラジオのパーソナリティであり、自他ともに認めるお好み焼き評論家である鈴木美智子さんのインタビューや、この本の著者である若竹学園/学園長の佐竹右季子さんが関西焼きに対する考え方や気持ちを綴っている。若竹学園は関西焼きに特化した料理学校であり、関西焼きのプロを育成するところで、6000人以上の卒業生を世に送り出しているという。また、関西焼きの材料である小麦粉とソースについて、専門家を招いたインタビュー形式の記事があるのも関西焼きを深く知るきっかけになると思う。

3⃣人気店のメニュー拝見

 ここでは関西の人気店を17店、関東の人気店を8店紹介しており、それぞれの人気店の代表的な美味しいメニューが紹介されている。近くを通ったら寄ってみたくなるような、美味しそうなメニューがそろっている。

 それ以外にも関西焼きを作るために必要な道具が掲載されている。そして最後に書かれている「独立開業マニュアル」があるのがこの本の特徴ではないだろうか。独立という夢を持った方がこの本を手にすることを著者は切に思っていることが伺える。非常に細かなところまで親切・丁寧に書かれているので、誰しもが参考になるだろう。

 https://www.amazon.co.jp/gp/product/4388060194/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

ご家庭でお好み焼きを楽しむときはもちろんのこと、パーティーなどで料理のウデを披露するときにすごく参考になると思います。やがてお好み焼き屋さんのこだわりや味の違いに気づくともっと面白くなると思いますよ。それにプロになろうとする方にも必見です。

料理って夢やロマンがあってワクワクしますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました